散歩嫌い・無愛想犬みつの日常
散歩好きの愛想が良い犬に変身するため、日々精進する犬、アメリカンコッカーみつの日常
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッバイ チコちゃん ~また会う日まで~
実は昨日から、叔母が泊まりに来てました。

理由はただ一つ、チコちゃんを迎えにきたのです。


以前にも書きましたが、ある事情によりチコちゃんを預かっていました。
その事情とは、叔母が中国に行き日本語を教えていて、預け先(チコちゃんのブリーダーさん)
から引き取ったのですが、おうち(マンション)がペット禁止だったのです。


チコちゃん

おうち、どこ?


まず、チコちゃんがいるのに何でペット禁止のところに入るのか?
それは、根本的なところなんですが、叔母はそういう人なのです。
これを話をするとすっげー長くなるので、やめときます。

もう一つ、預かった理由は叔母がうつ病になったことでした。

私としては、どんなに懐かなくっても、チコちゃんを飼うつもりでした。
しかし、叔母もそれなりに努力し、病気もよくなり、ペット可のマンションに移り
迎えに来たのです。


チコちゃん



あまり、乗り気じゃなかった私ですが、
昨日、叔母にあったチコちゃんは我々では見せない喜びようでおばを向かえ、
我々には見せないお腹を見せて撫でてもらい、ずっとずっと叔母の手をペロペロなめていました。
そして、大嫌いなブラッシングをされようが、おばのそばを離れずうれしそうにしていました。

叔母も、『おうちに帰ろうね』、『これからはいっつも一緒ね』ってずっと話しかけて、
一生懸命私にどんなフードを上げてたのかを何回も確認していました。


そんな様子を見ていると、完璧ではないにしよ『これはこれで幸せなのかな』と思うようになりました。

叔母は、チコちゃんにクッキーとかもあげちゃうし、ペット禁止レストランでも入っちゃうし、
預けちゃうし、ちょっと常識が外れているけどチコちゃんのために病気を頑張って治して
おうちも変えた努力はすごいと思います。

チコちゃんも、いつも遠慮がちに過すより、
自分のお腹を見せられる人と一緒のほうが幸せだと思います。


今日、家に帰ったらチコちゃんはいないと思います。

でも、また遊びにくることでしょう。叔母のことだから。
そのときは、前より少しは『HOME』を感じてくれればと思います。

幸せにね、チコちゃん。


チコちゃん
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。